第17回やいと祭り<本番>

7月29日(日)にやいと祭りが開催されています。
中山道柏原宿を往来する方々に、お灸の素晴らしさをアピール中です。この日のために関東、関西問わず多くの鍼灸師の方、鍼灸師のタマゴの方がボランティアで参加されておられます。
30℃を超す天候の中で、お灸は少々苦戦気味ですが、皆様の熱意はヤイトの熱さに負けていません。鍼灸の啓蒙活動に感謝です。

琵琶湖の鮎

7月28日(土)、7月29日(日)の両日に「やいと祭り」が開催されます。今年で何と17回目になります。片田舎から都会へこの縮図はここ柏原でも同じです。年々少なくなる若者達に‘やいと’を据えるという風刺を込めてこの祭りが模様されるようになったとか。
中山道の宿場町にある柏原は古くから伊吹山麓に自生するよもぎで‘もぐさ’を作り街道を行く旅人にその‘もぐさ’を提供してきた歴史があります。だから柏原に住んでいる方々は‘もぐさ’の原料がよもぎであることをご存知ですし、お灸を据えた事がある方も他地域と比較すれば大きな割合で居られます。この地で商売を営み三百年以上経過します。お客様への感謝は勿論、地域の方への感謝も忘れてはなりません。