パン、パン

あ~早い!!
今日(H25.02.28)で2月も終了です。1月「行く月」、2月「逃げ月」、3月「去る月」と、その昔に番頭さんが口にしていた事を思い出します。例年にも増して今年は寒さが強く、余りの寒さにもぐさ工場の稼働を数日延期しました。(お陰さまで雪は積もっていませんが…。)そんな日は昔ながらの商品作りに励みます。B5サイズ程の大きさの紙袋にもぐさを入れて、平棒で「パン、パン」と景気よく叩き、薄くもぐさを伸ばしていきます。亀屋のある中山道柏原宿を離れた方からは‘この音を聞くと故郷に帰って来た気持ちになる’と存外好評です。多分、百数十年以上は続いているこの作業ですが、机の高さが低く、長時間座り続ける事が私にはなかなか苦痛です(笑)
それでも必要としておられるお客様に「もぐさ」をお届けできれば、商売人としてこんなに嬉しい事はありません。