お心遣い感謝いたします

そろそろ「秋」かな? 残暑厳しくてまだまだ「麦茶」が必要だな~、などと思っていましたが、今日(H25.10.12)柏原宿では心地良い秋を感じます。そんな秋晴れの日に東京三鷹市にお住まいの女性の方から一通の封書を頂きました。
『亀家佐京様
紅葉の季節となりました。
先日片付けをしておりまして、もぐさを見つけました。袋の中にもぐさが入っておりましたが変質すること無く新品同様でした。
(略)…..XX年前に亡くなりましたが入院中も灸を欠かさずすえておりました。
袋が古くなっておりますが捨てるに忍びなく、お返しいたします。何かの参考になればと思いまして。
自宅で出来る灸がもっと広まってほしいと願っております。
貴社の益々のご発展をお祈りもうしあげます。』
(原文通りに、また一部を省略しました。)
お心遣い感謝いたします。温かいお言葉に恥じないよう精進致します。
最後になりますが、故人様のご冥福をお祈り申し上げます。