もぐさの製造に関する講演-東洋鍼灸専門学校様_2015年10月

「実るほど頭を垂らす稲穂かな」。この諺は人格者ほど謙虚であるというたとえなのですが、私には収穫前の素晴らしい田園風景がそのまま頭に浮かびます。新米の季節、一年中で最も美味しい季節ですね!
先日(H27.10.05)に東洋鍼灸専門学校様にて講演活動を行ってまいりました。ご希望する方に参加頂くという講演スタイルでしたが、90分×2コマ分共に数多くの生徒の皆様、関係者の皆様に参加頂きまして改めて感謝申し上げます。積極的な参加、体験型を目指す私の講演では講演後に行うワークショップ「もぐさ作り」において講演の理解度を更に引き上げて頂くための施策を行っています。
今回の写真は、東鍼校様の理解度の高さを表す一枚を選んでみました。皆様お分かりでしょうか?ヒントはすり鉢の手前に置いてある歯ブラシです