もぐさの製造に関する講演_四国医療専門学校様<2016年>

Pocket

最近では多くの方々からご縁を賜り亀屋も鍼灸学校様へと出入りさせて頂いておりますが、先週末には「はり師国家試験・きゅう師国家試験」が行われ、受験生の方は勿論、先生方を初め学校関係者の皆様、また私共業者に至るまで緊張した時間を過ごしました。全ての受験生の方へと合格通知が届くことをお祈り申し上げます。
本日(H28.3/2)は四国医療専門学校様にて講演活動を行ってまいりました。卒業記念講演の一部としてお声がけ頂いていますのでご卒業される皆様が治療家となりご活躍される時直ぐにお役に立つ話題を中心に頑張ってまいりました。テーマはずばり【彩】。弊社は創業して凡そ350年程経ちます。お取引先の治療院様も歴史の長い先様も数多く、その先生方の注文は『亀屋、赤いモグサを送ってくれ。』略テッパンです。此は精製度よりも時間を重視されてのお言葉と理解しています。四国・高松の某治療院様では大量の点灸用もぐさをご購入されご自身で彩を管理されているもぐさ屋顔負けの先生も居られます。お灸処四国。その造詣の深さに感服です!!
今回の写真はFBにupする事を前提に、顔出しOK撮影をお願いしました。実はこの中に、高松の某治療院のご子息が…。
ご縁の深さに恐縮です m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.