散もぐさ

Pocket

もぐさ屋にとって梅雨は最も煩わしい季節の一つです。もぐさの原料である蓬を採取するにも雨の日は…となりますし、蓬をお日様の陽ざしの下天日乾燥を行うにしても雨が降っていては作業を続けることが出来ません。しかしこの季節に雨が降らなければ多くの作物に多大な影響を及ぼすことは確実で、やはり自然とは上手に付き合っていく事が最大の解決策です。
それでも梅雨でも商売繁盛を願うのが商売人。そこで今回は弊社の商品案内をさせて頂きます。テーマはネーミング。学校の先生方には是非一読いただきたい内容です。
この続きはこちらからどうぞ

散モグサと切りモグサ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください