もぐさの製造に関する講演-大分医学技術専門学校様_2017年

Pocket

博多から高速バスに乗り大分へ。九州内の移動は鉄道よりも高速バス派です。

10月18日(水)大分医学技術専門学校様にて講演活動を行ってまいりました。大分医学技術専門学校様には隔年で講演のお声がけを頂戴しています。講演時間は開始が13:00、終了時間は私の都合でお願いします制。何とも豪胆な企画です。私としても講演時間は『もぐさ製造-4大工程-』の大切な言葉と意味を説明し、残り時間は生徒の方達から「も~飽きた」と言うまで繊細で大胆な「もぐさ作り」をテーマに実践作業に取り組んで頂きました。こんな形で講演が出来たのも授業用のヨモギをふんだんにご用意頂いたお陰であり、生徒さんを思い裏方で動いて頂いた先生方の熱意だと思います。有難う御座います。
講演後は職員室で反省会。暫くすると生徒達が職員室へ。大分医学技術専門学校様では下校前、職員室に置いてあるご自分の名前が書いたネームプレートを裏返してから帰るステムらしく先程講演で一緒だった面々も続々とお立ち寄りです。立ち寄った際には先生方と他愛もない会話が交わされ何とも和やかな雰囲気です。私も講演の感想を聞いたり出来上がった「もぐさ」を見せて頂いたりとすっかりフレンドリーな感じです。それでいて職員室を退室するときは必ず「失礼します、さようなら!」と挨拶をする姿に、いいもの見てるなーと思わず呟いてしまいました。当たり前なのですが当たり前なことを積み上げること実行することは案外面倒で出来なかったり、疎かにしたりで。少人数だから出来ているだけと先生方は仰ってますが、これから社会に出て活躍する時、この思い出に感謝する生徒の方が多く居られることでしょう。今回の写真は下校風景にしてみました。<写真使用許可のご協力を感謝いたします。>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください