もぐさの製造に関する講演-東京衛生学園専門学校様_2019年

Pocket

先日(H31.02月22日)、東京衛生学園専門学校東洋医療総合学科様にて講演活動を行ってまいりました。同学科に入学された方は「はり師きゅう師国家試験」に合格する事が最大の目標となります。訪問した週末には2年前の同じ頃に亀屋の講演を聴講頂いた方々が学園生活最大の‘ヤマ’に臨まれます。学校全体が緊張感漂う中でハッキリと分かる事。それは弊社の講演テーマ(『より品質の優れたもぐさをより効率的に製造するには?』)は余り国家試験対策向きでない。むしろ教科書とは異なる内容を一生懸命にお伝えしている事実。それでも講演時間は180分×午前中&午後の2講演とたっぷり頂いています。同校様では入学試験の面談時に国家試験合格の先を考えて国家試験対策以外の授業もカリキュラムに多く含まれている説明をされるそうです。だから毎年お声がけ頂いています。(笑)
日頃の授業はどうしても受け身になりがちですが、教員免許を取得していない私が授業を引き受けるには受講頂いている皆様のお力添えが不可欠です。『共に考える。そして知識を試す。』講演の半分の時間はテーマに即したもぐさ作りを行います。何に気を付け、どうすれば限られた時間で納得のいくもぐさを作ることが出来るのか?すり鉢と手また石臼の違いなど僅か1時間ほど前に聞いた言葉がご自身の知恵となる瞬間を皆様と一緒に楽しんでいます。
今回の写真は、仕事の疲れにも、大森の夜の誘惑にも負けず通学をされている夜間部生の方々です。兎に角「もぐさの色味」だけを追求され自家製もぐさを作られたYさん。Yもぐさに実際火を点け燃え方を話し合った皆様の感想に私自身も新たな発見をしちゃいました。本年ご聴講頂いた皆様とは来年に工場見学でお会いできることを楽しみにしています。

※弊社の講演活動の模様をご紹介いただいています。こちらも併せてご覧ください。
【東洋ブログ 大希のつぶやき】艾(もぐさ)作りをプロに学ぶ「亀屋左京商店」

Pocket

製造道具と国家試験

Pocket

一年で最も寒いこの季節が、もぐさ作りの最盛期とは…。体を動かしていても寒さは身に沁みます。
弊社はここ数年「もぐさ作り」に関する出張講演や工場見学を実施しています。学校様へ伺い(or弊社へお越しになり)「もぐさ作り」に関する様々な工程や工程上使用する装置などをご覧頂く訳ですが、多くの方が初めて見る・初めて触る体験をされます。弊社の「もぐさ作り」に関するプログラムは鍼灸を専門に学ぶ学校へ通っている方々が対象となるため、私共の説明の意図とは関わりなく「国家試験」に関する言葉なども登場します。以下は10年程前に実際に出題された問題らしいです。試験後に多くの学校様から問い合わせが有りました。そこで私の気が付いた事。それは、言葉を知っていても実物を知らない・見たことがない、という事実。今回の写真は『長通し』から排出される原料です。講演では動画を、工場見学では実物を見る事が可能です。

2008年(H20年)第16回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151~160)
問151
艾の精製に用いる用具と用途との組合せで誤っているのはどれか。
裁断機 ― 乾燥したヨモギの葉を刻む。
石臼 ― 葉脈を除去する。
長唐箕 ― 挟雑物をふるい落とす。
唐箕 ― 毛茸の表面付着物を除去する。

http://jihou-kai.com/exam/shinkyu/2008/kyuriron.html -引用しました。

長通し長通し後

Pocket