もぐさの製造に関する講演-大分医学技術専門学校様_2019年

Pocket

講演の日程は概ね3~4ヶ月前に調整が完了します。今回の大分医学技術専門学校様での講演日はR01.10.09に決まりました。講演日が決まりますと宿泊施設の確保、販売店様への連絡と仕事を進めるわけですが…。宿が無い、無くは無いがスイートなの価格!!トリニータ人気恐るべしと思い、日程の再調整を学校様へお願いしてみようと電話をしますと「今回は講師なのでこちらで手配します」と神の声。講演日の1ヶ月前にフっと思いラグビーワールドカップ公式サイトをチェック。ピンポンパンの大当たり、ウェールズ vs. フィジー戦が開催予定日でした。大分医学技術専門学校様は2年に一度、ラグビーワールドカップは4年に一度、大分スポーツ公園総合競技場の開催は一生に一度。大分の街が揺れていました。
講演当日は余裕を持っての学校様入り。島田達夫校長の仕事が一段落しお話をする時間を頂きました。大分大学医学部名誉教授の肩書もお持ちの校長先生ですがこちらが恐縮するほどのフランクなお人柄。「ウェールズ vs. フィジー戦のチケットが抽選で当たりました」と満面の笑顔で報告いただきました(羨ましい)。楽しくお話をしていますと先日(R01.10.06)に行われた第28回全日本鍼灸学会九州支部学術集会 in 大分の話題に。校長は先日の集会では顧問を務められ演者としても講演されています。講演内容は集会のテーマでもある『認知症』に関して。「今でも学生達に解剖学の講義をしているが、解剖学用語や組織学用語を忘れることはない。ただ物忘れは多い。一分以内に思い出すこともあれば、1~3時間かかることもある」と。先生曰くこれらの症状は認知症ではなく、脳の生理的老化であり、加齢による物忘れであると笑って話され、そして【子供叱るな、来た道だ!老人笑うな、行く道だ!】と力強く語られました。学術集会当日は大分医学技術専門学校の生徒の皆様も大いに学び大いに語らい、充実した学校生活を送っているという事は想像に難くありません。和やかなムードが漂う大分医学技術専門学校、学校長のお人柄なのだと思い次の講演の地へ。

私の講演報告はまた2年後に(笑)

Pocket

第53回三県合同鍼灸研修会

Pocket

鍼灸師会の集まりや医療機器メーカーのフェアーとは殊更縁の無い弊社ですが、今回は7年振りに三県合同鍼灸研修会へと参加してまいりました。取りあえず座って過ごす8時間と思っておりましたが、テーマが「お灸」という事もあり極めて興味深いお話ばかりで休日返上した甲斐が有りました。

Moxafricaの国際活動 今後の展開
Moxafrica japan 山川義人先生
Moxafricaさんのお名前は存じ上げておりました。実際に「もぐさの製造に関する講演-東京衛生学園専門学校様_2017年」のブログ記事では東京衛生学園さんが使用済みのもぐさを回収してMoxafricaの事務局へ送られている趣旨の記事を書いていますし、NHKの特集でも同団体の活動が放送されていた記憶も有りました。それでも活動内容を直接お聞きする事は今回が初めてですし、その始まりが原志免太郎先生の論文だった事は浅からぬご縁を感じました。『お灸で結核を治療する事が出来る』もぐさ屋にとっては嬉しい報告でした。

透熱灸から電子温灸器まで
明治国際医療大学鍼灸学部鍼灸学会教授 和辻直先生
鍼灸大学教授のお話です。鍼灸大学に入学していたらこんな感じの講義を聞いていたのかなと思いながらスライドを眺めていました。ISOの分会の動きや治療家としての心得、また灸教育の現状など多岐にわたる報告や問題提起、今後の展開など業界の末席に座る私にすら心して取り掛からねばと思うお話でした。特に電気温灸器の治療院への導入意義とその後の展開に関してはこれまたもぐさ屋にとっては嬉しい報告でした。

伝統灸実技 墨灸
(一社)滋賀県鍼灸師会会長 井手健先生
同郷の滋賀県から講師としてお招きされた井手健先生。「モンモン」と呼ばれる滋賀県に唯一残る灸法に関しての説明と実技。駒井一雄先生の業績の紹介、秘伝であるはずの「墨灸」の製法!?大公開。墨灸治療法と症例などを淡々とした口調で解説頂きました。最後は実際に小児さんへの施灸。兎に角お母さんへの問いかけが優しい。平易な言葉を選び的確に自分の意思を相手に伝える技術/話術は流石でした。手に墨灸を付けて頂くと少しピリピリと感じます。これは墨に混ぜたある薬効の影響だとか。もぐさ屋としてはもっともっと色々と質問をしたかったのですが、初対面の事ですし、でも同じ滋賀県の先生ですからまたお会いする事も有るやもしれません。疑問はその時までの楽しみとして心の中で温めておきます。

おきゅうのこぼればなし
亀屋佐京商店 松浦達修先生
まず先生じゃないしと言いたいのですが、社会のルールですのでこのままに。先生方は90分の持ち時間で講演を行うのですが、ランチョンを受け持つ私は60分と短くしかも給仕に始まり後かたずけをする時間を考慮すると時間がとても足りません。早口にならず、練り上げた構成を飛ばすことなく大きな声で面白く。初めて行う内容の講演でしたが、お世辞だとしても皆様からは高評価を賜りました。素晴らしい経験が出来ました。

Pocket

もぐさの製造に関する講演-四国医療専門学校様_2019年09月

Pocket

先日(R01.09月18日)、四国医療専門学校鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科様にて講演活動を行ってまいりました。2014年から毎年訪問させて頂き今回が5度目の講演ですが今年の残暑は厳しめです。(-_-;)
同校様での講演は毎年「お灸熱」を感じます。患者さんのお灸意識が高い地域に於いて「もぐさ作り」のノウハウを+αの武器として活用頂ければと考えています。

ところで、今回残念ながらお聞きしたくてお聞き出来なかった事!!
『うちわリレー』の活動に付いて。ある日うちわを片手に四国医療のOB・OG方のお写真がWeb上に。それから数日後、また数日後と。治療院に関してのコメントとともに先生方の人となりなども紹介が添えて有り、OB・OGの治療院を学校のHPから紹介するというページはお見掛けしますが、実際に学校の先生方が卒業生を訪ねての活動記事は目にすることは稀で、今回の出張授業をお聞きいただいている生徒さん達には「こんな事は何処にもないから。本当に凄い事だから」。入学して正解。」と改めてお伝えしたほどです。同学科様の方針をHPからピックアップしています。リンク先をご覧ください!!

point 3
専任教員・講師が手厚くサポート
入学前から卒業後まで親身に対応
半世紀を越えて培われた校風です。

-同校鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科様HP http://www.459.ac.jp/course/shinkyu/ より-

今回のお写真は『うちわリレー』に使用されているうちわとモデルになって頂いたH先生。

うちわリレー

Pocket

もぐさの製造に関する講演-関西医療学園専門学校様_2019年

Pocket

先日(R01.05月28日)、関西医療学園専門学校東洋医療鍼灸学科様にて講演活動を行ってまいりました。2年連続3回目の講演は昼間部×1コマ、夜間部×1コマの担当を頂けました。昨年は大阪北部地震の影響もあり一部講演が行えなかったことを思い出します。
今回、昼間部の講演では「もぐさ作り」を行うワークショップに重点をお願いしますとリクエストがありました。学びの状況が学校様ごとに、そしてクラスごとに、また私の訪問する時期により異なる為私の一方的な話よりも確実に生徒の皆様にお伝えする事が出来る方法を教授頂きました。
夜間部生様の講演では流石と思うシーンが。『より品質の優れたもぐさをより効率的に製造するには?』のテーマを決めお話をするのですが、このテーマやはりお金のお話が出てきます。興味のある方も無い方も居られます。ただ社会人が多く在籍される夜間部ではこんな話が結構ウケたりします。人件費の上昇に伴い商品の販売価格をいかに維持していくのかが課題なのですが…。数年間でアルバイトの方の人件費が倍に上昇するとどうなるかと尋ねるのが私からの課題です。凄いのはここから。今回私の質問の前に人件費の抑制を行わなければ商品の販売価格が維持できなくなると指摘された生徒様が。流石社会人、流石大阪。楽しい講演となりました。

グループごとに分かれ「もぐさ作り」をしていると何故か競争意識が芽生えてしまうシーンを撮影しました。皆様、なかなかの腕前です。(画像使用の許可を頂いています)

Pocket

もぐさの製造に関する講演-朝日医療専門学校広島校様_2019年

Pocket

先日(R01.05月14日)、朝日医療専門学校広島校鍼灸学科様にて講演活動を行ってまいりました。いわゆる令和初講演になります。新元号に伴いなのかどうなのかは分かりませんが昼間部・夜間部の2部制が今年度より朝間部・昼間部の2部制にシフトされました。同校様には鍼灸学科と柔道整復学科に昼間部(午前コース)と昼間部(午後コース)の2コースがあるため<中四国地方ではで唯一です>、鍼灸学科入学後の1年後に柔道整復学科へ再入学(入学金免除・2学科目の学費のサポート制度あり)することで大学と同じ4年間で将来、スポーツトレーナーや独立開業、就職に有利なWライセンスを目指すことを可能にするシステムチェンジなのです。そんなこんなで今回も元気よく『より品質の優れたもぐさをより効率的に作るには』のテーマを存分に話してまいりました。新設された朝間部の生徒さんは以前の夜間部の生徒さんのような反応の良さがあり、また昼間部の皆様はじっくりと私の話に耳を傾けて頂きました。新しい学校さんなのですが、毎年お邪魔する者のみが体感する、日々の積み重ねによる「形成」を認識する、90分×2コマとなりました。

今回のお写真は朝日医療専門学校広島校FBからお借りしました。
想いで深い夜間部の皆様へ敬意を示しまして、ライトアップの校舎です。
卒業生の皆様、新たな環境でご活躍の事と存じます。陰ながら応援しています!!

Pocket

もぐさの製造に関する講演-東京衛生学園専門学校様_2019年

Pocket

先日(H31.02月22日)、東京衛生学園専門学校東洋医療総合学科様にて講演活動を行ってまいりました。同学科に入学された方は「はり師きゅう師国家試験」に合格する事が最大の目標となります。訪問した週末には2年前の同じ頃に亀屋の講演を聴講頂いた方々が学園生活最大の‘ヤマ’に臨まれます。学校全体が緊張感漂う中でハッキリと分かる事。それは弊社の講演テーマ(『より品質の優れたもぐさをより効率的に製造するには?』)は余り国家試験対策向きでない。むしろ教科書とは異なる内容を一生懸命にお伝えしている事実。それでも講演時間は180分×午前中&午後の2講演とたっぷり頂いています。同校様では入学試験の面談時に国家試験合格の先を考えて国家試験対策以外の授業もカリキュラムに多く含まれている説明をされるそうです。だから毎年お声がけ頂いています。(笑)
日頃の授業はどうしても受け身になりがちですが、教員免許を取得していない私が授業を引き受けるには受講頂いている皆様のお力添えが不可欠です。『共に考える。そして知識を試す。』講演の半分の時間はテーマに即したもぐさ作りを行います。何に気を付け、どうすれば限られた時間で納得のいくもぐさを作ることが出来るのか?すり鉢と手また石臼の違いなど僅か1時間ほど前に聞いた言葉がご自身の知恵となる瞬間を皆様と一緒に楽しんでいます。
今回の写真は、仕事の疲れにも、大森の夜の誘惑にも負けず通学をされている夜間部生の方々です。兎に角「もぐさの色味」だけを追求され自家製もぐさを作られたYさん。Yもぐさに実際火を点け燃え方を話し合った皆様の感想に私自身も新たな発見をしちゃいました。本年ご聴講頂いた皆様とは来年に工場見学でお会いできることを楽しみにしています。

※弊社の講演活動の模様をご紹介いただいています。こちらも併せてご覧ください。
【東洋ブログ 大希のつぶやき】艾(もぐさ)作りをプロに学ぶ「亀屋左京商店」

Pocket

もぐさの製造に関する講演-専門学校中央医療健康大学校様_2018年

Pocket

先日(H30.10/10)は、専門学校中央医療健康大学校様での出張講演でした。今回の講演はプレ講演制度をご利用いただき行います。プレ講演だからと言って「はあ~い、ここからは有料ですよ~」的な課金システムでは御座いません。他校様で講演をしている内容も行動もそのままに、何時ものように大きな声でハキハキと講演します。今回の出張講演は1年生、2年生の合同授業になりました。上級生であろうと下級生であろうとそれこそ先生方であろうとお構いなしに私が投げかける質問にはお答え頂いています。「知らないことを学ぶ」ための講演ですから正解は求めていません。それどころかむしろ我々の方が思いもよらないヒントを頂く場合が多いのです。会社に帰り講演でいただいた興味深い答えを職人さんに報告することも有ります。だからプレ講演だと言って先生方も遠慮されることは御座いません。勿論、そのままこの流れでお取引を願えることがベストでは有りますが (笑)。教科書には決して載っていない現場の生の声を聞いてみませんか?今回のプレ講演に際し、森学科長を始めご担当を頂きました長島先生のお力添えに感謝を申し上げます。
今回の写真は、「お手製もぐさ作り」後のお片付け。“挨拶・返事・後始末”きっちり指導をされています。

専門学校中央医療健康大学校様HPは下記リンクからどうぞ!!
https://www.suzuki.ac.jp/chuoiryo/

Pocket

もぐさの製造に関する講演-倉敷芸術科学大学健康科学科様_2018年

Pocket

先日(H30.10/19)は、倉敷芸術科学大学健康学科様での出張講演でした。昨年に引き続き2回目の講演です。ただ非常に残念なお知らせが。私のお世話になっています健康科学科<鍼灸専攻>様の来年度新入生募集停止のアナウンスがHP上に書かれています。出会いが有れば別れも有り…それでもやはり寂しいですね。
同大学は岡山県倉敷市に所在し西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区とも高梁川を挟み近隣した地域になります。今でも先生方を初め多くの学生さんがボランティア活動を続けているそうです。鍼灸がボランティア活動として行える事は大きな局面から見れば非常に些細な事なのかもしれません。でも「継続することでまた新たな活動が掴める」そんな気がします。担当のM先生とお話をしこの教訓を私なりに噛み砕き私にでも活動可能なシーンを探し求めたいと改めて思いました。講演は学生さんたちに大いに盛り上げて頂きました。少人数ですが距離感が非常に近くダイレクトな質疑応答にこちらも一層頑張ることが出来ました。やっぱ来年も講演したいな。
今回の写真は同じシーンを3枚。上手く撮ってとリクエスト頂くのですが、3枚あれば1枚くらいは納得頂けるのではないでしょうか。

Pocket

もぐさの製造に関する講演-東洋鍼灸専門学校様_2018年

Pocket

先日(H30.10/11)は、東洋鍼灸専門学校様での出張講演でした。持ち時間は13:30~(90分)と16:00~(90分)の2コマを頂戴しています。東洋鍼灸専門学校様では東鍼祭準備の佳境を迎えている模様でしたが、特別講義を亀屋が行うと全校放送をして頂き生徒の皆様やお時間の都合が付いた先生方も講演に参加くださいました。特に前半のお時間は満員御礼・満席状態での講演となりました。有難う御座います。講演後の週明けには「はりきゅう実技」で生徒の皆様がもぐさ作りに挑戦されるカリキュラムがご用意されているらしく、授業でのヒントになる講演をご担当の先生からもご依頼を頂戴してのワークショップとなりました。ここでは例年以上に熱く語り、また例年以上の盛り上がりでした。キーワードは「損したらアカン」なのです。本年は工場見学のご予定も頂いています。講演ではお伝えしきれなかった部分も現地でしっかりと確認して頂ければと存じます。
今回の写真は、自画自賛!!大盛況振りの講演と作る為の心構え(上段)、今後の活動の指針として毎回利用させて頂いています、アンケート記入のワンシーン(下段)です。

 

 

Pocket

もぐさの製造に関する講演-四国医療専門学校様_2018年09月

Pocket

昨日(H30.09/21)は、四国医療専門学校様で出張講演でした。
同校様には過去にも幾度となくお邪魔しているのですが、乗換駅を間違えるという初歩的なミスを犯し講演時間ギリギリの登校になってしまいました。昔懐かしの冷や汗です。(笑)
本年度から2月末の講演が9月頃にお引っ越しになり、1年生のクラスと2年生のクラス各々90分の講演時間を頂いています。受講頂いた生徒様の人数も90名様オーバーと大変に充実した講演を行えました。東洋医学は伝統や伝承の医学、経験の医術と言われるように、先人の功績を基に今の伝承者達が更に研究を重ね次世代に引き継ぐ。私は施術者では有りませんが東洋医学の末席を汚す者としても鍼灸道具でもある「もぐさ」の製造に関する知識や経験を伝え道具に対する認識を新たにしていただければと考えています。講演後には質問に来られた生徒の方から「僕はお灸を一生続けます」と本当に嬉しく有難い言葉を頂きました。四国のお灸熱を引き継ぐ若き伝承者を見つけました。

写真は「お手製もぐさ」を作る2年生のクラスです。

Pocket