トップページ

伊吹もぐさ亀屋佐京商店は、伊吹山の麓でお灸やもぐさを製造・販売する会社です。 創業は寛文元年(1661年)。中山道六拾九次・六拾番目の宿場町に今も江戸期の風情を残す店構えでお客様をお待ちしています。また木曽海街道六拾九次之内柏原の版画絵の中で歌川広重が亀屋もぐさの店頭風景を描いており、その絵の中には裃を付けて扇子を手に持ち大きな頭に大きな耳たぶという福々しい姿で街道を往来する旅人を見守る福助人形の様子も描き込まれています。福助人形の起源には諸説あるものの福助人形発祥の店としても多くの方に親しまれています。 作家の荒俣宏氏曰く、“(もぐさ屋)亀屋の福助を見て、ただひたすら、その大きさに感動する。…中略…これを拝まずして福助は語れない。三大福助の第一と折り紙をつけたい。”と評されています。

伊吹もぐさ亀屋佐京商店

  • 街道をゆく-近江道散歩より

    駕籠舁きが二組、前後にひかえていて、もぐさを買いに行ったであろう客を待っている。番頭には大きな福助の人形と伊吹山の模型がすえられていて、客はいずれも旅人である。番頭が一人、小僧が一人、対応している。店舗は二つにわかれていて、むかって左が販売用の店構えでなく、七兵衛独創したところの休憩所になっている。茶庭の待合に似た風雅な構造で、ふつううの待合よりも広い。長い床几が三台おかれていて、むかって右の店頭の客より身分のよさそうな客が二人、たばこをのんでいる。
  • 亀屋もぐさの番頭福助 ~荒俣宏先生著‘福助さん’(筑摩書房)より

    もぐさ屋の亀屋には福助という正直一途の番頭がいました。創業以来伝えられた家訓をまもり、ふだんの日は裃を着け、扇子を手ばなさず、道行くお客さんに、もぐさをすすめ、どんなにすくない商いでも感謝の心をあらわしおべっかをいわず、まごころでこたえつづけました。耳たぶが異様に大きなこの人物のうわさは一躍上方でも有名に。噂をみみにした伏見の人形屋が、福を招く縁起ものとして番頭福助の姿を人形にうつし瞬くうちに福助人形は大流行。商店の店先に飾られるようになっていきます。
木曽海街道六拾九次之内柏原