皆様もすてきなお灸で「脾」を助けてあげてくださいませ。

Pocket

紺堂はりきゅうつぼ治療院 院長近藤史生先生から寄稿頂きました。と、言うより近藤先生のブログをフォローしている私がちゃっかりとしっかりとお願いしました(笑)。
お灸にしても鍼にしても、また皆様からよくお電話でご質問を頂く「つぼ」にしてもお話が出来るのは、『鍼灸師』という国家試験をパスした方のお仕事になります。我々の仕事は「もぐさ」を製造し「もぐさ」を皆様方に提供する仕事になります。(でも、ご自身でお灸をすることに特別な資格は要りません)。お灸に興味のある方、ご自身の健康管理に関心のおありの方、またこの季節を乗り切りたい方にピッタリのお話です。キーワードは「未病を治す」。是非とも最後までお付き合いください!!

※今回の記事は、/<暑>を基に加筆・提供頂きました。

★━━━━━━━━━━━━━━━★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 

「暑っ、だるっ、早く夏終わらないかな~」

 

つい口走ってしまう夏バテを象徴する3連談、皆様の身の回りにも言いそうな方はいらっしゃいませんか。

今年の梅雨はゆっくりと訪れてくれましたが、毎年梅雨明け位からちらりほらり耳にするお言葉。

この言葉を文字通り捉えていましたが、これって何かのサインが隠されているのではないのかな?

そんなことを思った次第です。

 

もしも、多くの方が何の気なしに発していたとしたら。

この言霊、しっかり私のところに届いております。

「未病を治す」を得意とする東洋医学でお役に立てることがあるのでは!?

 

今日はそんなお話しです。

 

 

夏が来る → 暑い → 湿度の高い日もある → 服にジメリと汗が染みる → 冷たい飲料の美味い!! → ゴクリと飲み干す爽快感 → そしてまた一汗 → ゴクリ → ゴクリ ・・・

冷たいものに手が伸びてしまう夏、のどを通る爽快感が溜まらずまた一杯。

飲みすぎてはいけないと思いつつ、暑さには敵わずついつい冷たいものを飲んでしまう。

こんなことを繰り返していませんか。

例年通りの夏バテを起こしたくないならば

1.同じことを繰り返さない

2.できることにチャレンジ

この2点だけで、いつもの流れに終止符を打つことができるかもしれません。

 

 

簡単且つ強引に言うと、東洋医学では「湿気、だるさ、むくみ、水分、食など」を統括する部署を定めています。

その場所を「脾(ひ)」と言います(西洋医学的脾臓とは異なります)。

陰陽マーク

 

夏は特にこの部署は大忙し。

外気の湿気、カラダのだるさとむくみ、水分摂取、そこから影響を受ける食欲。

これらに対応しているのが「脾」で梅雨の頃からとても疲弊しています。

 

夏バテ対策はこの「脾」をサポートすることでいつもと違う夏になります。

これが簡単にできるならばやってみたいと思いませんか。

なんといっても、影響を受けているのは自分のカラダです。

試してみる価値は大きいです。

 

 

そこで今回、おススメする情報がこちらです!

↑↑↑ ヨモギから精製されたもぐさ ↑↑↑

 

 

お灸って熱いんでしょ!

暑いのに熱を加えて麻痺させるの?

 

そんなことではございません。

脾という部署は水や湿気の影響をとても受けやすいのです。

脾が統括対応するものを覚えていらっしゃるでしょうか。

湿度、むくみ、水分、食です。

 

お灸の熱刺激を利用して脾の疲弊を助けてあげられるのです。

 

「ふ~ん、どうやって?」

『だれでもできるように加工されたものに火をつけて!』

 

「どこに?」

『太白と足三里が1日目、章門と陰陵泉が2日目!

それを1日交替で繰り返す!』

章門太白,足三里,陰陵泉

「どれくらい?」

『毎日1回!』

 

 

「忘れたら効果ない?」

『2日おき位はどうってことない!』

 

「煙は?」

『もちろん出る!』

 

「換気扇?」

『換気扇!』

 

「ちょっと肉厚なんだけど効く?」

『肉厚関係ない!』

 

「火傷する?」

『熱かったら捻って取る!』

 

「ひねる?」

『そう、シール状だから引っ張るより、捻った方がうまく取れる』

 

「だれでもできる?」

『だれでもできる!』

 

「わからんかったら聞いていい?」

『わかっても聞いていい!』

 

 

 

経験したことのないことには警戒するのが世の常です。

 

でも、これを続けるとどんなことが起こるのかと言いますと、物事に隠されたサインに気づけるようになるのです。

 

 

暑くて冷えっ冷えの飲み物を見ても、いつもしている「脾」のサポート灸を思い出せます(はい、冷たい水の摂取を止める思いを抱けました)。

 

さらに、常温の水に手が伸びる(はい、新しいことにチャレンジできました)。

水を買う行動だけですが、2つのことを変えられたのです。

 

 

小さい事ですが、お灸を続けることはカラダのことを考えることに繋がるのです。

もちろん、脾は大いに助けられていますので夏バテ恒例の3連談を発することもありません!

と断言していいのかな、まぁいいでしょう。

というわけで、皆様の生活に馴染みがなかったかもしれないお灸ですが、私たちの身体をサポートできて、自宅でもできてしまう便利な優れものなのです。

 

 

ぜひ、お試しあれ!

夏の暑さもやがて来る秋の飽食もどんとこ~い!

と言っているとかいないとか。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

皆様もすてきなお灸で「脾」を助けてあげてくださいませ。

 

 

私の知人から~

コスメティックなパヒュームとか、ビジュアル的花びらが好きな人もいるだろうけど、私はヒーリングに浸れるパヒュームに癒された、とのこと。

 

ヨモギの成分を入れ込んだ入浴剤なるものもあります(御百草)。

もぐさ製造とは異なるヨモギを用いるのだとか。

 

夏だからこそ、ゆったり入浴もカラダを変えるチャレンジになりますよ!

 

夏バテ知らずの夏をお過ごしください。

 

 

 

※今回用いたツボ

章門・・・第11肋骨先端下縁(脇腹にカーブしていない骨の先端

陰陵泉・・脛骨内側顆下縁と脛骨内側縁のぶつかるところ(膝内側のふくらみの下、スネの骨と交わるところ)

足三里・・膝蓋骨外側下縁から3寸下、前脛骨筋上(膝のお皿の外側から手の指四本分下方)

太白・・・第1中指節関節内側近位陥凹部、足裏との肌理の境目(足の親指の内側、母指球の上の骨のふくらみから足首側へなぞった時のへこみ)

 

お灸の際は熱に我慢せず、火傷に注意してください。

近藤 史生

<プロフィール>

紺堂はりきゅうつぼ治療院
福岡医健・スポーツ専門学校講師

1998年
はり師きゅう師免許取得 明治鍼灸大学卒業
2003年
福岡大学大学院修士課程修了(体育学修士)
2004年 鈴鹿医療科学大学 助手
2007年 福岡医健専門学校鍼灸科 専任教員
2008年 福岡医健専門学校鍼灸科 学科長
2018年
Player’s Station 紺堂はりきゅうつぼ治療院

紺堂はりきゅうつぼ治療院
〒815-0071
福岡市南区平和1丁目26-49 -1F
TEL : 092-524-7711
E-mail: info@kondotubo.com

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください